初心者のピアノの選び方

 

ピアノ教室に入学してからでいいので、練習用のピアノは必ず買ってください!

 

上の写真は私の自宅にあるピアノです。KORGの電子ピアノ「SP-280-WH」(88鍵 ホワイト)です。自宅で練習するには十分な機能を備えています。

 

ピアノはそう簡単には習得できません。自宅練習をせず、教室で演奏するだけで曲が弾けるなんてことはありませんので必ず買いましょう。

 

買う時に絶対間違えてはいけないのが「88鍵あること」「ペダルがあること」です。

 

88鍵というのは文字通り、鍵盤の数です。一流のピアニストが使う本格的なグランドピアノもすべて88鍵です。

 

安いキーボードだと50鍵くらいしかない小さいものもあります。これでは練習になりませんので注意してください。

 

こういうおもちゃみたいなの(トイピアノ)はダメです!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CASIO ミニキーボード SA‐76(送料無料)
価格:6509円(税込、送料無料) (2017/9/11時点)


 

また、ペダルのあるものを選びましょう。本格的なピアノには3つペダルがありますが、はっきり言って必要ありません。1つで十分です。

 

ペダルの使い方は先生に教わってください。ペダルを踏むことで、鍵盤から手を話しても音が鳴り続けるのですが、文章では説明しづらいですし、習わないとよく分からないと思います。

 

初心者はアップライトピアノや、10万円を超える高価なものは必要ありません。私の持っているキーボードくらいで十分です。ヘッドフォンをつけることで音も消せますので、音の心配もありません。

 

ただし、ペダルを踏む音が他の部屋に響きますので、お住いの環境によってはマットなどを敷いて対策することが必要です。

 

焦って買う必要はないので、入学してから先生のアドバイスを受けて買うことをオススメします!